You are here: Home > >

段ボールのマイクロフルートについて

マイクロフルートとは、従来の段ボールが輸送用として使用されるようにしたのに対して、個々に包装用を対象に開発された新しいミニフルートの総称であり、 現在主流は、以下の通りである。

これらのマイクロフルートの中で、まずEフルートが、1970年代に米国で紙容器用に折りたたみカートンに代わる代表的なフルートで開発されたのが最初である。
その後、Fフルート、Gフルートで、より薄い段ボールでの継続的な進行は、カートン/ボール紙業界や段ボール業界における一つの技術革新であった。
日本は、容器包装リサイクル法が施行されたことをきっかけに、段ボールの展望が明るくなった。
ただし、問題となったのは、 カートンと同じレベルの印刷が可能かどうかの技術的な課題と、コスト的に利点が発生していることという点である。


段ボールの種類(形状)とフルートの使用についてまとめた。

段ボールの種類

  種類      説明                              用途

1.波状段ボール   紙に波状のフルートを貼り付けたもの               緩衝      

2.片面段ボール   波状のフルートを形成したボール紙に片面にライナーを付けたもの  主に緩衝材  

3.両面段ボール   片面段ボールのライナーが付いていない側にライナーを付けたもの  軽量の包装箱(段ボール箱)

4.二重両面段ボール 両面段ボールの片側面に片面段ボールを付けたもの  重量または損傷が心配な内容梱包  

5.三重両面段ボール 両面段ボールに片面段ボールを付けたも         重量物の包装箱


【フルートの種類と仕様】

フルートの種類    フルートの高さ(mm) (30cmごとに標準的なフルートで表示)

Aフルート       4.5~4.8 34±2

Bフルート      2.5~2.8 50±2

Cフルート      3.5~3.8 40±2

Eフルート 1.20     93

Fフルート 0.750     125

Gフルート 0.55     167

A~CフルートはJISで定められた規定がしっかりありますが、マイクロフルートはJISなどによる規定は無いので、大体このくらいっと いった感じでかなり、アバウトに作られています。

※ダンボールの製造方法

段ボールは、ゴルゲーターと呼ばれる機械で製作される。
この他にもフルートとライナーを接着させるための代替設備として製糊装置が必要である。
また、フルートを成形してフルートとライナーを接着させるために熱が必要であり、ヒーターが使用される。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans