蓄電池の技術革新でエコカーの評判が高まる

Posted by Wilson Cham on 2011/07/08 with
in テーマ【蓄電池】

2010-05-05 2010-05-05 2010-05-05 2010-05-05 2010-05-05 2010-05-05

遠い将来にも、そう遠くない近い将来にも無くなると言われる、化石燃料の埋蔵
量。地球温暖化の懸念もあって、自動車メーカー各社は、競い合ってエコカーの
開発を進めているとの話しを聞きます。あるメーカーは、蓄電池の開発力の評判
が高い、電池メーカーと合弁会社の設立などの協業を通して蓄電池を利用したハ
イブリット車の開発を行っているようです。また、あるメーカーは、今のガソリ
ンエンジンの技術を更に極め、効率化を果たした独自の技術の開発を行っていま
す。
そういう状況を見て、私なりに考えると将来的には、モーターとガソリンエンジ
ンを効率的に稼動させることのできる、プラグインハイブリットというシステム
が、主流となっていくのではないかとみております。そして、徐々に、電気自動
車へと移行していくと思います。そうすると、ガソリンエンジンの技術は、更に
深堀りするのは当然ですが、蓄電池の技術革新を更に進め、評判の高いシステム
を作り上げることが最も重要になってくるのではないかと思います。
最初に書いた通り、各メーカーが技術の革新を進めておりますが、蓄電池の技術
は古く、ある意味、かなり確立された技術であるといえます。そのなかで、蓄電
池そのものの素材から見直し、新しい素材の評価を確認しながら、開発をすすめ
ていることも行っているようです。あと数年もすれば、ガソリンの給油をほとん
ど気にしないですむ技術が開発されるのではないでしょうか。そうなれば、エコ
カーの評判は高まり、普及が促進され、私たちの生活もうるおうのではないかと
思います。